突然親が倒れた!さぁどうする?

【リーダーシップ】「両親ともに入院・介護」という状況に対応する

leadership_image1介護にビジネススキルを活用する
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

介護もビジネスも、率先して旗振りを行うことにシフトせよ

母が倒れて4カ月が経つ頃、今度は父が倒れました。

 精神的にも、日常生活的にも、母に頼りきっていた父は、精神的支柱を失った不安からか、心を患い、体調を悪化させ入院することになりました。

 姉も私も、母が倒れたショックが抜けないまま、なんとか母の介護施設を選びを終え、安心していた矢先の、父の入院です。

 加えて、父は、プライドのせいか甘えなのか、「体調が悪いから入院したい」と言ったり、「入院は嫌だから家に帰りたい」と言ったり。娘たちの言うことを聞いてくれません。

 これから母の退院・施設引越し・契約・お見舞返しなど、やることがたくさん。ここに父の入院対応が加わって大変だというのに、入院させるのに手がかかる父。

「オーマイゴット!ひどいよ神さま!」 

心の中で叫びました。

リーダーシップを発揮する

 あまりにも追い込まれた状況なので、幸か不幸か遠慮する余裕がなくなり、逆に冷静になった私。協力をお願いしたい人にこの状況を正直に話し、巻き込もうと決めました。

そして、何をしたいか、どう伝えるかを整理し、自分はリーダーに徹しようと腹をくくりました。

私の仕事経験を応用する

私にはこんな経験があります。

 かつて若かりし頃、尊敬する上司に「(メンバーに)仕事をまかせる勇気を持て」と言われたことがあります。今では、リーダーシップを発揮しなければいけないシーンでの、私なりに重視しているポイントです。

 リーダーシップとは、「目標・ビジョン」を提示し、メンバーのパフォーマンスを最大化させ、目標達成を実現させる能力のこと。リーダーの資質として「真摯であれ」とドラッガーは言っています。

チェンジ・リーダーの条件―みずから変化をつくりだせ! (はじめて読むドラッカー (マネジメント編)) | ドラッカー, P・F., Drucker, Peter F., 惇生, 上田 |本 | 通販 | Amazon
Amazonでドラッカー, P・F., Drucker, Peter F., 惇生, 上田のチェンジ・リーダーの条件―みずから変化をつくりだせ! (はじめて読むドラッカー (マネジメント編))。アマゾンならポイント還元本が多数。ドラッカー, P・F., Drucker, Peter F., 惇生, 上田作品ほか、お急ぎ...

 メンバーパフォーマンスの最大化の第一歩は、仕事をまかせることから始まります。リーダーとして「目標・ビジョン」、時には「スケジュール」「タスク」までを提示するのはあたりまえですが、大事なのは、「メンバーパフォーマンスが最大になるように、リーダーが環境を整えること」だとその上司は言うのです。

 「最終的には自分の責任になる」と考えてしまうと、仕事をまかせにくいと考えてしまいがち。だからこそ、そこで「まかせる勇気」を発揮せよ、「自分がやったほうが早い」と思うなかれ、ということです。

 「目標・ビジョン」を示し、必要であれば「スケジュール」「タスク」までを明確化し、「まかせる勇気」を持つ。そして「メンバーが自走できる環境」を作り、「安心できるフォロー環境」も合わせて整える。

この学んだリーダーシップを介護に活かしてみます。

リーダーシップを発揮できる環境を整える

対応しなければならない案件を洗い出す

これから、こなさなきゃいけない案件を列記してみます。

<父・母対処案件整理>
  • 母関連:病院支払い・退院手続き・施設入居準備・施設契約・お見舞返し、日々のお見舞いなど
  • 父関連:入院準備・入院手続き・日々のお見舞いなど
  • 今想定できない案件発生に備え、余力を残しておきたい

んーなかなか重たい。

メンバー構成を考える

これらが実行するために協力をお願いしたい人をイメージし、メンバー構成を整理します。

<メンバー構成
・リーダー:私(介護主体者)
・フォロワー(リーダーとの信頼関係をより強固なものにし、
        貢献力と批判力をもってリーダーを補佐する人):姉
・メンバー:母方の叔母二人と、姉の夫である義兄
▲母父入院対応・協力メンバー体制図

役割分担を整理する

次に、やらなければならないことや、お願いしたいことなどを整理してみます。

<リーダー介護主体者(私)がやるべきこと> 
父も母も病院入院、施設入居と環境が変わるので、変化の内容、主に病院・介護施設の契約内容(面談や書類対応)やルール(持ち込み可能範囲・面会制限・面会時間など)の把握。その上で、私の判断や依頼したいことを整理する。
<フォロワー(姉)にむけてリーダーが行うこと
リーダーがまとめた情報を全て共有。それにまつわるリーダーが判断した内容は、すべて確認・チェックしてもらうようお願いする。
<メンバー(母方の叔母二人と、姉の夫である義兄)に向けてリーダーが行うこと>
依頼内容だけでなく、背景として「現在の状況」「これから発生するイベント」「それにまつわる制約やルール」、判断の自由度の目安として「私の判断例(姉チェック済み)」を伝える。

メンバーに役割と依頼内容を伝える

 人は、情報が共有され、何をすべきか、それはなぜなのかがわかると、率先して協力してくれます。

 早速まとめた情報を共有し、お願い事を依頼してみました。

<フォロワーである姉に依頼すると…>

 情報収集した内容から、契約書類、パンフレットまで全部見てもらい、それにまつわる私の意見を聞いてもらいました。

 姉は、人の上に立つのは嫌いますが、意見を聞くと、なんでも的確に答えるので助かります。

 迷っていること、悩んでいることに対し、スパッと答えを示してくれるので、どんどん物事が整理されていきました。

<メンバー母方の叔母二人に依頼すると…>

 状況を理解してくれた叔母たちは、私の手の回らない分、まめに母のお見舞いに行ってくれました。

 それだけでなく、母の伸びた髪を切る手配をしてくれたり、頭の手術跡を気にする母に帽子を購入してきてくれたり。 病院に行って気づいたことは、率先して実行してくれました。

 さすが人生のベテラン! 私が気づけなかった部分のケアが半端ない! 大助かりです。

<姉の夫である義兄に依頼すると…

 義兄は、急逝した父の姪の墓参りを提案してくれたり、父の友人の葬式の手配をしてくれたり、子どもがいた方が雰囲気が明るくなるからと、遠方から甥っ子たちをつれて見舞いに来てくれたり。

これまた気づいたことをどんどん提案し、実行してくれました。

 さすが人生の先輩! 私の気づけなかった部分のケア気遣いが半端ない! これまた大助かりです。

 こうしてみんな、どんどん行動し、のちに「やっといたよ」と報告をくれました。また相談があれば「どうする?」と事前に確認してくれたので、「こうしてください」「お願いします」と再度お願いすることも多くありました。

リーダーシップ発揮による好循環

 これは、ビジネスでいうと、リーダーシップにより好循環を生んでいる状況です。

・リーダーは、全体状況と個々の進捗状況を把握し、更新された情報はこまめに発信。
・メンバーは担当業務を自ら推進し、結果と相談事項をリーダーに報告。
・それにより発生した追加オーダーは各担当メンバーに再依頼。
・メンバーはその結果をリーダーに報告。
▲好循環スパイラルイメージ

まさに良いスパイラルが生まれている状態です。

 まわり人の協力を得たい場合は、自らが率先してリーダーシップを発揮し、ゴールを示す。そして、依頼内容だけでなく、その目的や理由を説明し、メンバー自ら判断できるような動きやすい環境を作ると、想像以上のメンバー協力を得られる。

やっぱり、ビジネスも介護も同じだ…

 いやいや、ビジネスの角度でしか解釈できないだけ。これもまた偶然でなく必然。親の介護のためにも、ビジネススキルを身につけたのかもな〜と、空を見上げて思いました。しっとり。

まとめ

  • 介護は一人じゃ無理
  • 複数で対応するとなると、リーダーシップが必要
  • リーダーは、「ゴール提示」「依頼内容」、その背景となる「目的・理由」と合わせて、「メンバーに期待すること(どこまで自由に判断し、行動していいかの目安になる)」を示すと効果的
  • リーダーは旗振りに注力、作業は勇気をもってメンバーに依頼
  • リーダー権限の裏には責任が発生、覚悟も必要
  • コミュニケーションを密に取り、信頼感を増すことで、心理的安定性が生まれると、メンバーパフォーマンスが最大化し、好スパイラルに繋がる。
タイトルとURLをコピーしました